絹100%(金属糸風繊維以外)
長さ約4.4m
服部織物謹製(織り込みあり)
◆最適な着用時期 10月~11月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 40代~

◆着用シーン 結婚式、披露宴、パーティー、音楽鑑賞、観劇、お食事会、付き添いなど

◆あわせる着物 留袖、訪問着、付下げ、色無地など

◆新古品・中古品は現品限りですので売り切れ次第終了となります。

◆中古品として仕入れてまいりましたが、大切に保存されていたのでしょう、美品でございます!お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ!


創業1788年(天平8年)京都西陣において、匠の心と技を受け継ぎ、
一糸一糸丹念に手織りにこだわり続けてきた伝統の名門、
服部織物の中古品袋帯をご紹介いたします。
特別入荷で本当にお値打ちにご紹介させて頂きますので
どうぞお見逃しなくお願い致します。

引箔(ひきばく)とは、
緯糸(よこいと)と共に箔を織り込む技法のことです。
一寸巾(約3cm)の箔を、90~100本、実に0.3mmほどの細さに裁断。
それを緻密に織り込んで柄をあらわします。
柄箔の場合、
1本でも順序を間違えたり欠落したら柄は崩れてしまいますので、
緯糸1本1本に神経を集中させなくてはなりません。
 
こはく錦では、立体感や重厚な格調を演出するために…
1本の緯糸に2枚、3枚の箔を引く、二重箔(にちょうばく)、
三重箔(さんちょうばく)と呼ばれる技法が用いられております。
箔糸を通常よりも多用すると重い帯になってしまうと思われがちですが、
見た目の重さとは異なり、
こはく錦は軽く締め易いことでも定評がございます。

通常、袋帯には5000本の経糸を用いるのに対して、
こはく錦は6000本以上が用いられております。
帯の巾はどちらも一定ですので、
通常よりも細く丈夫な上質な糸を使用して、
逆に軽量化、またより緻密な柄を織り出すことに成功しました。

また、こはく錦の帯は、同じ機で表裏地ともに織られております。
同じ経糸緯糸で織るので風合いが同じになり、裏表の違和感がなく、
縫い代をほとんど折り返さずに帯端をかがっておりますので、
本袋帯以上の締めやすい風合いがうまれます。

まさに計り知れないほどの技術と心を込めて織り上げられた珠玉の一本。
織機による大量生産の帯とは全く異なるその織りあがりは、
必ずやご満足いただけるものと自信を持っておすすめさせていただきます。

しなやかで密な織りくちが上質を物語る帯地。
煌めく引箔地に織りなされた見事な情景図。
壮麗豪華な、このムード…。
装飾性ゆたかな麗しい煌めきを放つ秋草の意匠が織りあらわされております。

見るほどに素晴らしく、触れればしなやかなその地風。
この高雅なムードをお楽しみくださいませ。

色留袖、訪問着、付下げ、色無地などの装いにお勧めの一本です。
どのようなフォーマルなシーンにも、上質な後姿を演出してくれることでしょう。

どうぞこの機会をお見逃しなくお願いいたします。
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)

※仕立て上がった状態で保管されておりましたので、折りたたみシワがついていることがございます。この点をご了解くださいませ。
[5G234943]-[TP:片山]-[PS:枦]-[CH:田中郷]-[文責:中村浩]-[0720018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

超人気新品 ”「京の衣」オープン価格!”【服部織物】特選西陣手織袋帯こはく錦・二重箔織≪中古美品≫特別仕入れお値打ち必見!国産手織りの逸品!-帯

最新コメント

ネットで話題の最新記事!
Pickup記事